ハーブライフはハーブ(ハーブティー・アロマ)情報満載。

ハーブの選び方

ハーブティーには、ドライハーブと、摘み立てのフレッシュハーブのどちらでも利用できます。
ドライハーブは市販のものが入手しやすく、安全です。
ハーブには、食用にできないもの(ポプリ用)などがありますから、確認して購入するようにしましょう。

通常、ハーブティー用に売られているハーブは、海外よりの輸入品ならば食品検査が行われています。パッケージの製造年月日、賞味期限を参考にできるだけ新しいものを選びましょう。 乾燥剤、脱酸素加工がされているとより安心です。
一度にまとめ買いをするよりも、こまめに買い足すほうがよいでしょう。 原産国、使用部位によって、香りや効能が異なるハーブもありますので、表示をよく読んで購入しましょう。
開封後は、密閉容器に移して、直射日光、高温多湿をさけて保存します。このとき、乾燥剤を入れておくとよいでしょう。

フレッシュハーブは、できるだけ若くやわらかな葉や花を、直前に摘み取って使います。
残ったら、コップの水に挿しておくか、ビニールパックなどに入れて冷蔵庫で保存して、出来るだけ早めに使いきります。

ハーブライフについて

ハーブまめ知識

ハーブ・ハーブティー

アロマテラピー